Top > 外反母趾の為の予防運動

外反母趾の為の予防運動

外反母趾になる原因として足の筋肉や力が弱い事が挙げられると思います。ですから外反母趾を予防する為には足の筋肉を付ける事、足の力を鍛える事が最も効果的なのではないかと考えられています。

足の指が運動する事で拘縮予防と言う物を起こす事が出来ますが、この「拘縮予防」と言うのは外反母趾によって小指側に曲がってしまった親指をその状態で固定される事を防ぐと言った予防策になります。この予防策は身体が温まっている時、一番いいのはお風呂に入っている時でしょうか。この時にやると最も効果的だと思われています。

この拘縮予防運動として挙げられるものには手を使ってリズム運動をすると言う方法があります。やり方は自分の足の親指を手で掴むようにします。そして、内側に押したり外側に少し引いたりしてテンポ良く足指を動かす練習をして行ってみて下さい。そうする事で足の指が本来ある場所に戻ってくる可能性があります。

次に拘縮予防運動の中にはホーマン体操と呼ばれる物がありまして、これはゴムバンドを使って行う方法なのですが、ゴムバンドを足の親指に引っ掛けます。そして両方の足の踵をくっつけます。この状態で足を開くようにしましょう。そして10秒程この体制のまま静止します。辛くてもここは頑張りどころです。10秒経ったら元の位置に戻すようにしましょう。
これを1セット20回、1日数セット行う様にしてみて下さい。それだけでも充分に外反母趾の予防になると思いますよ。

 

 七五三  ED(勃起不全)とは  パワースポット
関連エントリー
カテゴリー
更新履歴
外反母趾とは(2009年7月 2日)
外反母趾に関する靴の選び方(2009年7月 2日)
外反母趾の為の予防運動(2009年7月 2日)
外反母趾ケアのテープ(2009年7月 2日)